沿革

ホーム > 会社概要 > 沿革
産業界を支える力の原点は、創造へのたゆまぬ努力。

日豊ホールディングス株式会社の技術力・人財力の源は、創業以来長年積み重ねてきた努力の結晶ではないでしょうか。“ただ提供するだけではなく、最後まで責任を持つ”そのうえで問題を社員一丸となって熟考し、解決へと取り組みます。新たな創造への挑戦には、もう一度原点に還って見直してみることも重要だと私たちは考えています。

 
昭和24年07月 資本金120万円にて株式会社風師商会設立
昭和34年04月 八幡化学(現 新日鉄住金化学(株))セメント工場の指定業者となる
昭和44年08月 福陸運輸(有)(現 日豊興産(株))を設立、陸運部門を移管
昭和57年09月 新日鐵化学(現 新日鉄住金化学(株))の構内作業部門を日豊興産(株)へ移管
昭和63年08月 株式会社みどり生コン設立
平成11年08月 グループ本社を現在地(小倉北区 西港町)へ移転
平成12年03月 日豊トランスポート株式会社設立
平成17年06月 日豊電材株式会社設立
平成18年03月 新ケミカル商事株式会社の株式90%を新日鐵化学(株)(現 新日鉄住金化学(株))より譲受
平成24年10月 ダイテク工業株式会社の株式100%を譲受
平成24年10月 持株会社へ移行し、社名を日豊ホールディングス(株)へ変更
平成26年04月 内海工業株式会社の株式100%を譲受